甜麺醤京野菜レシピ第2弾です。

my-cs京野菜PJにて伏見甘長とうがらしをご購入いただいた方からのレシピをご紹介します!伏見甘長とうがらしは、万願寺とうがらしと比べると細長く、ひものようなので「ひもとう」とも呼ばれます。独特の風味と少し苦みがあり、大人の味です♪

今回のレシピはピリ辛でビールが進むお料理です。素敵なメニューをどうもありがとうございます!

***** ***** ***** ***** *****

recipe♯002 【ひもとうとひき肉の豆板醤炒め】

***ご購入者様より教えて頂いたレシピです♪どうもありがとうございます! [2019.6]***

材料(2人分)
豚ひき肉 100~150g
伏見甘長とうがらし 10本
白髪ねぎ(トッピング用) 適量
☆おろししょうが 小さじ1
☆にんにく 1かけ
調味料(2人分)
☆豆板醤もしくは甜麺醤 小さじ1
☆コチュジャン 小さじ1
胡麻油 適量
●水 200cc
●鶏がらスープの素 小さじ1
●醤油 小さじ2
●酒 小さじ2
●オイスターソース 小さじ1
●片栗粉 適量
作り方 ①伏見甘長とうがらしのヘタをとり、縦に切り種を取ります。
②にんにくをみじん切りにします。
③フライパンに胡麻油を引き、☆の材料・調味料を入れ、豚ひき肉を入れます。
④少し火が通ったら、伏見甘長とうがらしを投入!
⑤●の調味料を上から順番にいれます。
⑥水溶き片栗粉を入れて、ひと混ぜして、
⑦お好みで白髪ねぎをトッピングして、完成です♪
ポイント ■お子様向けで作るときは、豆板醤の代わりに甜麺醤で作るのがおすすめです♪
メッセージ “小学生の子供用に、甜麺醤を使ってあまり辛くならないように作ったところ、
 美味しい!と、おやつ感覚で食べてくれました。
 大人用に作るときは、豆板醤を使い、ビールと一緒におつまみとして楽しめます。〟
↓↓今が旬の代表的な京野菜、万願寺とうがらし、伏見甘長とうがらし、そして新商品・野菜セットはこちらからご購入いただけます♪↓↓